agaに効く薬と効かない薬

CALENDAR

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

CATEGORY

aga対策は自毛植毛がおすすめです

aga(男性型脱毛症)対策はシャンプー、育毛剤、内服薬、育毛サロンなどがありますが、お金に糸目はつけない方はイングランドの有名サッカー選手のように自毛植毛が良いと思います。自毛植毛を簡単に言うと、自身の後頭部の頭皮から毛根を取り出し、専門の器具を用いて自身の薄毛の部分に移植する方法です。agaの原因はⅡ型5αリダクターゼという酵素の働きによるものです。
後頭部の毛根は前頭部と頭頂部の毛根と違いⅡ型5αリダクターゼが存在しないためagaにはなりません。費用は移植する毛根の数に依存しますが、50万~200万円と言われています。自毛植毛のメリットは最初に高額の費用がかかるが、シャンプー、育毛剤、内服薬の日々のコストがあまりかからないという点の魅力です。
シャンプー、育毛剤、内服薬をすべて使用すると毎月1万円は超えると考えられます。また、シャンプー、育毛剤、内服薬は必ず効果が現れるとは限らないのでそのリスクを回避できます。自毛植毛のデメリットは手術跡が残る点です。個人差はありますが、髪を伸ばせば隠すことが出来る程度です。自毛植毛を行っているクリニックは多く存在し、無料でカウンセリングや説明を行っています。気軽に予約し、説明を聞いてみてはいかがでしょうか。

aga治療についてのガイドライン

aga治療について科学的な根拠に基づいた治療が必要であることは当然のことです。そして、aga治療について日本皮膚科学会が発表しているのが「男性型脱毛症診療ガイドライン」です。aga治療についてたくさんの治療が科学的な根拠についてどのくらい推奨されるのかをはっきりを示したガイドラインになるのです。
あくまでもガイドラインという言い方もできますが、ある程度進行してしまったいるagaにはやはり信頼性がある治療法が必要であることは間違いありません。男性型脱毛症診療ガイドラインではaga治療方法を5段階に評価しています。
最上位のaga治療の評価を受けているのは、ミノキシジル外用とフィナステリド内服で事実上はミノキシジルとフィナステリドが併用されたaga治療が、男性型脱毛症ガイドラインの最近版の2010年現在でもっとも科学的な根拠に基づいた効果が高いaga治療法と言えるということになります。最上位の評価はこの二つのaga治療で、2番めの評価としては自毛植毛を推奨しています。3番目までのaga治療法は十分な根拠が無いが検討して見ても良いということになっており、それ以下のaga治療方法は根拠が無いので、止めるべきというガイドラインになっています。

Copyright(C)2017 agaを治療して寂しい頭とお別れ All Rights Reserved.