どの成分が髪の毛に良いのか

CALENDAR

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

CATEGORY

POST LIST

2017年08月07日
agaには薬とともにマッサージも必要を更新しました。
2017年08月07日
agaに効く薬と効かない薬を更新しました。
2017年08月07日
髪の抜け方にも種類があるを更新しました。
2017年08月07日
フサフサの頭にしたければまずは相談を更新しました。

agaは最近よく見られる脱毛症

agaは男性型脱毛症のことで、最近若い男性に多く見られる症状のひとつとされています。一般的に男性ホルモンのバランスや遺伝的なものだとされており、抜け毛が進行して薄毛になっていく状態のことを指します。agaは早めの対処が必要で、進行スピードやパターンが様々あります。
ほとんどの場合がゆっくりと進行していくのですが、agaの他に薄毛の原因となる頭皮トラブルを起こしていたら、進行スピードは速まりますので、気を付けた方がいいでしょう。agaは薄毛になっても、産毛は残っていますので、髪を太くできる可能性はあります。しかし、頭皮トラブルを起こしている場合は、産毛もなくなる可能性があるので、頭皮ケアは大事なことだと言えます。産毛さえ残っていれば、髪をあきらめることはなくなりますので、まずは頭皮を大切にしてください。
aga治療をしたい場合は、aga治療ができる病院に相談するといいでしょう。最近よく見られる症状なので、専門的に治療を行う病院が増えています。なので、近くでもaga治療を行ってくれる病院をすぐに見つけることができると思います。病院に行ったら、カウンセリングを行ってもらい、自分に合った治療法を見つけてもらうといいでしょう。

agaが選ぶべき育毛剤のタイプ

agaは他の薄毛とは原因が少し違っています。頭皮環境は普段の生活習慣も少なからず影響するのですが、一番大きな原因となっているのは男性ホルモンのDHTです。DHTは男性ホルモンの一種であるテストステロンと、酵素の5αリダクターゼが結びつくことで作られてしまいます。抜け毛を進行させてしまってヘアサイクルが乱れ、薄毛になってしまいます。そのため、agaの方が育毛剤を使うなら、一般的な育毛剤ではなくagaに効果のある成分が配合されたものを使いましょう
DHTを作ってしまう酵素の5αリダクターゼを抑制することで、agaの進行をストップすることにつながりますから、薄毛対策になります。これらに有効なのがヒオウギエキスやオウゴンエキス、ノコギリヤシなどの植物由来成分です。どれも5αリダクターゼを阻害する作用がありますから、抜け毛を減らしてくれてしっかりとハリのある髪の毛を育てやすくなります。
また、育毛剤には頭皮の血行を良くしたり、頭皮の炎症を鎮めるなどの一般的な頭皮環境を改善する作用もあります。頭皮環境が良好になれば育毛剤の有効成分の働きも高まりますから、発毛しやすくなります。髪の毛は生え替わりのヘアサイクルが長いですから、育毛剤も長期間継続して使っていくのが大切です。

発毛の治療に特化したクリニックです。 早めのケアがAGAには大切! 専門のカウンセラーが治療の内容をご説明します。 agaは進行性!治療しないと髪の毛が減り続けます。 周囲の目を気にすることなく治療が受けられるので安心して通院できます。 aga治療とは、食生活から睡眠など総合的に改善し発毛を目指す治療です。 遺伝子検査を行うことで、患者様一人ひとりにあった薬を投薬することができます。 agaの治療なら「池袋AGAクリニック」がおすすめ!

Copyright(C)2017 agaを治療して寂しい頭とお別れ All Rights Reserved.